店主紹介

店主栗原 英之

栗原 英之 青年期より独立志向があり、自衛官を経て、東京のお寿司屋さんで板前をしていました。

自分のお店を持ちたいと考えており、移動式のたこ焼き屋さんで食べたたこ焼きに「これだ」とひらめき、単独で大阪へ。

毎日、大阪で本場のたこ焼きを食べ歩き、あるたこ焼き屋で7年修行しました。

修行中も、たこ焼きの食べ歩きは習慣化し、800件以上食べつくしました。
そのなかで、これは美味しいと思った生地の配合や、こだわりの食材、ソースや焼き方まで、アレンジを加えて「1番おいしい」をつくりました。

独立してから、30年弱。吹田、春日町、江坂、中崎町、十三にお店をかまえていたこともあります。

馴染みのある方、初めての方、大阪観光に来た方、ぜひ一度、「大阪で1番おいしいたこやき」をご賞味ください。